とある高校の保健室で見かけた今時の高校生たち
by ton-ton-he
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


カテゴリ:保健業務( 1 )

健康診断も終わり・・・・

春の健康診断忙しかった~・・・ぁぁ・・・。
いよいよ終了だわ。

各健康診断項目ごとに 受けなかった生徒の家庭に
「受けてないから病院へ行って受けてください」と、言う紙を渡す。
毎年きちんとそうやってやってきて、ほぼ、100%の受診率を誇っている。

が、今年 びっくりした事件が・・・。

例年と同じように「受診してください」のプリントを家庭配布したところ
親から電話。

担任が受け答えしていたけど 困り果てて保健室に電話が回ってきた。
「絶対に行かなきゃあいけないんですかっ!!」って 喧嘩腰の母親。

「子供が欠席したぐらいで なんなの??よ。忙しいの私・・・」

「お金もかかるのよねッ!」

「絶対に受けなきゃあいけない健康診断なら先に言ってほしわっ!!」
(毎年言ってますよ・・・・)

健康診断は 「学校保健法」にのっとってやっていることや、
健康診断の重要性を話したが、理解したかどうかは 怪しいところ。

でも、こっちがその母親と同じレベルで応答するわけにはいかないので、
かなりの忍耐で聞いて 冷静な声で対応した。

最後は わかったのか わからないのか わからないが、
「わかりました」と、電話が切れた。
電話きった後 すごく気分悪かった。
なんでこんなに怒鳴られなきゃあいけないの??って・・・。


そうそう、もう、何年も前の話になるが、レントゲン撮影を宗教上の理由で
拒否したいと申し出た親もいた。
「結核の怖さ」「集団発生の恐怖」「結核は過去の病気では ない」などと話したと思う。
学校は 同じ年代の子の集団で かなり長い時間いっしょにいるので
集団発生の危険も多いわけで・・・・・・。

本校の教員は ほぼ結核健診の受診率は ほぼ100%である。
本校に赴任した頃は 何かと理由をつけて受けない教員もいたけど、
「他の病気は その病気になっても先生達の体だから良いかもしれないけど
結核は 生徒に移るから、教員として教壇に立つものは 最低でも
結核健診は 受けなければいけない」と、力説して いまは ほぼ100%である。
この受診率 労働基準監督局か なんかわからないけど、表彰してくれないかしら??

同じ学校法人の大学の先生のレントゲンの受診率は ものすごく悪くて
事務局の人が嘆いていたわ。
[PR]
by ton-ton-he | 2005-06-14 15:29 | 保健業務